正座の秘密。

Category : ブライス
和室で正座している(風な)レジュです。
レジュ正座1
実は正座のボディ、持っていないのですが・・・・。
反則ともいえるスゴ技(?)で、無理矢理 座らせております・・・・。




種明かししますね。










まずはピュアニーモのボディのウエストを引っこ抜きます・・・。
そんな可哀想なこと出来ないわ!とおっしゃる方は諦めてください・・。
青ざめながらも付いてきてくださる方は続きをどうぞ。
(もちろん元に戻すことも可能ですのでご安心ください。
 我が家のレジュは、現在元の姿に戻っています。
  ただ、結構抜きはめが硬めなので、あくまでも自己責任でお願いします。)









私は重い方が安定するかなと思って、石粉粘土を使いました。
引っこ抜いた下半身をお手本に、正座した時の大体の形を作ります。
上半身にジョイントするのに菜箸をカットした物を突き刺しておきます。


構想としては下の図の最初のイラストでOKだろうと思っておりましたが、いざお着物を着せてみたら、ひざから下を使おうとするとお着物の着丈をかなり伸ばさねばならなかったので、却下しました。
腰Ⓐと太ももⒷのパーツのみ使用しています。
レジュ正座2
上半身に腰Ⓐを刺した(というかキッチリはまっていないので、「添えた」感じ)状態でお着物を着せ、太ももⒷパーツを裾から差し込み、ヒザの位置でお着物を折り曲げて完成です。

しかも せっかく重い粘土を使った割には 安定性もイマイチで、後ろはタンスで支えています・・・。


こんなヘンテコな方法ですが、もしよかったらやってみてください・・・。
ピュアニーモのヒザの位置で足を外せたらほぼこの状態に出来るんじゃないかと思ったのですが、ヒザの仕組みが分かっていなくて こわれちゃいそうだったので止めました。
ひざを横方向に抜けばいいだけならいけそうなんですけど・・。

訪問していただき、ほんとうにありがとうございます。
更新の活力になっております。
スポンサーサイト

今年初めてのコメントです。
今たろまるさんが出品されているアウトフィットをドキドキしながら見ています。便利なアイテムが揃っていてステキです。

日本のドール遊びの原点、おひな様もステキです。赤い毛氈を見ると甘酒とあられを思い出すね。外箱のふたにおひな様と書かれた紙。娘のおひな様もあんな箱に納めました。おひな様の目が怖いと泣いて、部屋に入って来れなかった二女が、今ではドール愛好家だなんてな。そういう私も3年前たろまるさんのブログにときめいてズブズブと、はい、毎日楽しく♪

そうだ、深夜のコメントが多くてすみません。主人の帰りがたいてい12時近いので、生活がちょっとずれています。

Re: タイトルなし

チワワさまへ

急に寒くなりましたが、お風邪など召されていませんか?
つい最近まであったかかっただけにこたええますね~~。

お雛様はず~~~っと作ってみたいものの一つだったので、作っていて楽しかったです。
リアルサイズも、一番出回っているタイプのものより、木目込みのとか、ちょっとかわいいのが好きですね。
わたしも、お人形は好きでしたが、ここまでになるとは思っていませんでした。ははは。

12時かぁ。私は大体は11時半くらいに寝ちゃいます・・・。
非公開コメント